女の人

大漁を目指す漁漁業の必須アイテム|超音波で魚を探す魚群探知機

溶接に便利なレーザー

2人の作業員

様々な日用品にレーザーの技術は使用されています。中でも溶接の現場で活躍しているのがyagレーザーです。溶接に必要な時間がとても短くて、仕上がりも非常に綺麗にすることができます。

詳細を読む

海の中を把握する

たくさんの魚

魚を捕って生計を立てている人は、魚が捕れない時期が長く続くと生活が困難になります。そのため、安定して魚を捕ることが大事です。ですが深い海の底を人間は見ることができません。そのために海のどこに魚がいるのか把握するのは難しいでしょう。ですから最新の魚群探知機を使用して魚の群れを探しましょう。魚の群れを見つけることができれば、罠を仕掛けたり、釣り上げたりすることができるでしょう。

漁業ビジネスで使用している魚群探知機は、どのような仕組みなのでしょうか。まず漁船から海中に向かって超音波を発射します。発射された超音波は海底の岩肌やサンゴ礁にぶつかり、再び漁船に戻ってきます。この反射した超音波を調べることで、海底の様子や水深を把握することができるのです。この時に魚の群れが海底に潜んでいた場合はレーダーに反応があるので、漁師は魚の群れを発見することができるのです。海底奥深くの魚の群れを、簡単に発見することができる仕組みになっているので、漁師は漁船に魚群探知機を設置しています。

現在は技術が進歩しているので、魚の種類まで見分けることができるでしょう。魚の群れが泳いでいる水深や群れの大きさ、さらには魚が泳いでいる速度やレーダーの反応の仕方などで魚の種類を把握することができます。イカやヒラメ、タイなど釣りあげたい魚の反応を覚えておくと良いでしょう。漁業ビジネスで楽に目当ての魚を捕るためには魚群探知機を漁船に設置してください。

レンタルすることも可能

作業員の男性

採石場や砂利の採取現場などで作業をする場合は、砂利のサイズを統一させないと商品として販売できません。そのためにガラパゴスフルイ機で砂利のサイズごとに仕分ける必要があります。この特殊機械はレンタルすることもできます。

詳細を読む

運搬する物で選ぶ

後ろ姿の作業員

現在は多くの業界でコンベアベルトが使用されています。使用する用途や運搬する物に合わせてベルトの種類を変えるだけで、様々な物を運搬することができるようになっています。運搬物の形状を問わないので非常に便利です。

詳細を読む